甲斐犬オヤジの独り言30



聖寿万歳」 

 

皇紀2672年、 平成24年、 西暦2012年、


昨年は皆様大変お世話になりましたこと、改めて感謝申し上げますと共に、皆様の御活躍を御祈念申し上げます。
私の個人的な都合により、今年は賀状を出しませんので、礼を失することとは存じますが、何卒ご容赦の程宜しくお願い申し上げます。

源友会のホームページには新年のご挨拶を載せていますが、これは不特定多数の方がご覧頂いているので常識的に載せていますが、どうも個人的には3.11東北大震災の2万人に及ぶ亡くなられた同胞の方々を思うと、賀状を出す気になれず、今年の元旦はどうか礼を欠くことをお許し願いたい。


昨年の3.11の東北大震災並びに福島の原発事故は、まさに1000年に1度の未曾有の大惨事であり、民主党、マスコミ、財界の反日、売国は、のちの日本の歴史にも、大震災と共に深く刻まれることになるだろう。
今年は台湾の総統選挙から始まり、世界各国のリーダーが変わる激流の幕開けになる。
しかし、いざ日本の政治を見れば全て内向き思考に終始し、あまつさえ円高、不況、デフレ、そして震災復興のビジョンのない状況下で、時の馬鹿総理は消費税を含む大増税に舵を切ろうと、政治生命を賭けると迷言しているのである。
(野ブタはアホ、官僚のポチ、民主は赤)

ある9人の小さな避難所で、うどんの玉が3つしかなく、取り敢えずは3人に食べてもらおうとうどんを作って出したところ、そのうどんが次々と手渡しされ、最後の9人目から又手渡しで、最初の人に戻ったとの事実があったと聞くが、これなど些細なことではあろうが他の国では有り得ない話である。
困った時こそ譲り合うという精神は正に日本人の精神性にほかならない。

今回の大震災で日本人のメンタリティー、民度の高さが世界中に表明され称賛されたことは謂うまでもない。

勿論、世界各国でも民度の高い国はあろうが、先ず有り得ないのが、シナと南北朝鮮だろう。
そしてこの3ヶ国も指導者が今年変わるのである。ひと足早く北朝鮮の奴隷の王様がくたばり、3男の豚のように醜い若造が世襲した。(だいたい、社会、共産主義に世襲があっていいのか?)

シナでは、チベット人を弾圧、虐殺の責任者であった胡錦涛から、顔からして殺人鬼の習金平に変わることは確実視されているし、南朝鮮では又金大中や盧武鉉の親北のアホ大統領がなるだろうと謂われている。
奴隷国家とウリナラマンセー国家などどうでもいいが、しかし、南北朝鮮は李氏朝鮮から一歩も抜け出せない哀れな国家であることだけは確かであろう。

ある健全な意味でのグローバリゼーションは必要だろうけれども、極端なグローバル化はヨーロッパで顕著なように、ユーロの理想は完全に失敗したのである。
ドイツが内向き思考に舵を切った以上、ユーロなど成り立ちはしないのは自明の理である。
ヨーロッパは完全にローカルリズム化に向かうであろう。ドイツはマルクに戻り、フランスはフランに戻るしかない。
ヨーロッパのユーロ即ちグローバル化はなぜ起きたのか。端的に謂えば反アメリカである。
アメリカの市場経済主義に飲み込まれることを危機に感じ、ヨーロッパをグローバル化した訳である。

しかし、ギリシャのような怠け者国家と始めから上手くいくはずないのに、見切り発車したのが運の付きである。
ヨーロッパ諸国の経済的没落と苦悩はこれから始まるのであろう。
イタリアも相当危ない経済状況にある。
もしイタリアが経済破綻したら、ヨーロッパ諸国は大混乱に陥るだろうことは目に見えている。

皆様の大好きなイタリアン・ブランドが、アメカジレベルになる可能性は十分にあろう。
私も昔はご多分に漏れずイタリアブランド大好き人間であった。代表的なものでも、グッチ、フェラガモ、アルマーニ、ディーゼル、ドル・ガバ、ブルガリ、モンクレール、プラダ、フェレ、ミラ・ショーン、マックスマラ、フェンデー、バレンチノ、などなど数え上げれば切りがないのだが、全て私も持っていた。
靴はアテストーニが大好きで、10足は買ったものだ。私のイタリア・ブランド好きもバブルの頃の話で、現在ではアメカジでもやっとのことだ。
好きなのはアバクロンビー&フィッチだが、まあ予算がないときはフアッション専科・シマ何とかがあるべよ。
(ボロは着てても心は錦だおー・・・・)


国内に視点を向ければ、民主党政権の売国政策のオンパレードである。

先ず人権侵害救済法案に始まり、外国人参政権付与、恒久平和調査局設置、移民一千万人推進、戸籍廃止、夫婦別姓、二重国籍容認、等等これもきりがないほどの売国政策だが、シナに「主権の移譲」を主張した売国企業イオンの馬鹿息子、フランケン岡田は気違いである。
親子で売国奴で気違いとは救いようのない人間達である。
金は有っても金乞食だ。ソフトバンクの孫もユニクロの柳井のアホも皆売国奴の金乞食。極めつけは南北朝鮮への献金問題である。民主党として2億円もの大金を北朝鮮シンパの政治団体に献金し、歴代総理ワースト1の菅は、個人で6千万円以上も献金していた事実が判明したのである。

ズブズブどころか朝鮮人政党そのものではないか。

今だ、スパイ防止法がない情けない日本だが、外患誘致罪はあるのである。
民主党や菅は正に外患誘致罪でパクれるはずだが、誰も指摘しないのは何故なのか腑に落ちないのである。
まあ野豚政権も末期状態で、4月から6月にかけて解散・総選挙が見えて来たので、民主党の息の根を止める選挙結果に期待大である。

「目覚めよ日本人よ」とは言うものの、50過ぎの損得勘定でしか世間を見ないジ様、バ様には、何度も謂うが無理である。
特に60〜70代のジイサン、バアサンで日本人として矜持のない者は、早くくたばってくれと願うのみ。
在日と帰化しても反日のザパニーズ、似非同和、民族でもないのにタカリの集団アイヌとやら、日本に巣食う気違い左翼、これらと対決する覚悟がまともな日本人には必要なのだ。
一旦緩急あれば血を流す覚悟が必要なのだ。民主党を潰した後が問題なのだ。

自民党に政権交代しても無理である。
自民党にも個人的には期待する人もいるが、党として、「結党の精神に立ち戻れ」のフレーズはどこ行ったのだ。
自主憲法の制定はどこ行ったのだ。
民主党にいても可笑しくない谷垣に、激動の国難に対し、真っ当な日本国民が納得するほどのビジョンを語れるとでも思うか。

ここで私が思い出すのは三島由紀夫氏の言葉と辞世の詩である。うる覚えで正確ではないが。


名前だけ日本で、無機質で空っぽな、ニュートラルで抜け目のない商人のような国が極東の隅に残るだけであろう」 「今の日本では私の謂うことは後50年経たないと理解できないであろう

辞世

散るを厭う 世にも人にも 先駆けて 散るこそ花と吹く小夜嵐

益荒男が 手挟む太刀の 鞘なりに 幾年耐えて今日の初霜


三島事件は私が17歳の時であった。

市ヶ谷の自衛隊駐屯基地のバルコニーで、自衛隊員に檄を飛ばしていた姿は今でも覚えている。
ただその肉声は自衛隊員のヤジと怒号で消し去られ、先生自体も自衛隊に失望した様子がテレビからも見て取れた。
その後父親の知り合いより、「私が書いたものだが、三島由紀夫の辞世があるので持っていってもいい」との話があり、即座に貰い受けた。

それ以来この二つの辞世は、酔っ払っても必ず口ずさめるのである。
そして昨年が没後40年だったので、三島先生が後50年と謂った歳月に後10年に迫った。

私自身50過ぎまで生きているとは思っていなかったが、ここまでくれば後10年三島先生の預言があたっていることを信じて、まあ自信はないが生きてみようと思う次第の正月である。

若い人達よ。若者よ。君たちが今目覚めなければ日本は終わるのだ。
今の日本を見よ。三島由紀夫が謂った通りの日本の姿ではないか。

名前だけ日本で、無機質で空っぽなニュートラルで抜け目のない商人のような国が極東の隅に残るだけだろう

国のために志がある人を志士と呼ぶ。
いつの世にもノンポリ、損得勘定の大衆はいるものだ。私が謂うところの、善意な市民であるが良識ある国民ではない人々には何を言っても無駄である。
しかし、幸いにも今の若者には、ネットと謂う強い見方があるではないか。

 

どうか国旗日の丸を敬い、国家君が代を斉唱出来る普通の日本人になって下さい。

年に一度でいいから、靖国神社へ参拝して下さい。

遠い方は県の護国神社へ参拝して下さい。

そして日本と謂う素晴らしい国に生まれたことを感謝すると共に、日本の伝統、文化を継承して下さい。

家族を愛し、郷土を愛し、一旦緩急あれば血を流す覚悟ある本来の普通の日本人になって下さい。

そして総選挙があれば必ず投票して下さい。

民主党を潰しましょう。「おー!!!!!!」

 

 


 

 

 

 

一服タイム,,, 

 

 

『米国から見た日本と日米関係』 中国の核が世界を制す

長いですが、分かりやすい納得の出来る動画です。

 

 

 

 

 

過去ログページに戻る


戻る