甲斐犬オヤジの独り言26



「宇宙人、イタチの最後っ屁の後は「どぜう」ってか、ウ〜ンダボハゼもかい!」 

 

 

民主党3人目の総理大臣が野田佳彦と決まった。

一番目は見た目からしてアホ丸出し、「日本列島は日本人だけのものではない」とほざいた宇宙人鳩山。二番目は無能無策パフォーマンスだけの恥さらし左翼で、最後の最後に朝鮮学校無償化のイタチの最後っ屁の菅。
三番目が自称保守のどぜうを名乗る野田。あ〜あプレデターに動物におさかなちゃんだと。

野田内閣発足前には、保守的な政策を期待した方も多くいただろうが、私は民主党自体一刻も早く潰さなければならない政党には期待などしないし、野田の保守思想がかえって出せなくなるだろうと考えていた。


童謡の「どんぐりころころ」を思い出してハイ替え歌です。

1  民スはコロコロどんぶりこ 窮地に嵌まってさあ大変?

   ドジョウが出て来て今日わ 民ちゃん一緒に遊びましょ。

2  民スはコロコロ喜んで しばらく一緒に遊んだが?

   やっぱり反日 恋しいと 泣いてはドジョウを困らせた。ちゃん、ちゃん

 

野田内閣発足で初めからドン引き、早期の衆議院解散を否定し、靖国の公式参拝はしないと明言し、本来次期総理候補がなる幹事長を、戦後教育を駄目にしてきた日教組の親玉、輿石東がなり、外国人献金でまだ決着をみない前腹誠司が政調会長なるという正に売国と金権腐敗の烏合の衆ではないか。

内閣、閣僚の顔ぶれは正にど素人、無名とんでも左翼の出鱈目内閣だ。
民主党落ち目の象徴と謂える蓮舫を行政刷新・公務員制度改革担当大臣に起用した。
私は蓮舫を官房長官に起用するのではないか?と心配したが、さすがに野田もそこまでは出来なかったのであろう。(シナが蓮舫を官房長官に望んでいた)蓮舫などただのシナ女工作員に過ぎない。親中、反日のただのアホ。任命したどぜうもアホ。。

蓋を開ければ野田総理自身が、外国人から献金を受けていた事実が、産経新聞の調べで発覚した。自民党政権なら一発で首が飛ぶ事態だが、どうケジメを付けるかと思いきや、大した問題ではないとさ。
そして民主党の支持率が6割という愚民の選択。政権が政権なら国民も6割愚民の結果であり、世界を見ずして、国内のことしか物事を思考出来ない日本解体にまっしぐらの一直線である。

 

私は途中でもう書くのが嫌になり、1週間、続きを書く手が止まっていたが、やっと再開した。

首相や閣僚が靖国へ打ち揃って参拝するまともな政権が、果たして近い将来出来るのか?
そして天皇陛下の御親拝が成るその日がやって来るのか?

それに対するアンサーとは何かを素直に考えてみると、これは日本人の覚醒しかないのだとの結論に達するのである。
日本がカタストロフィーを告げるのか、民主党政治のカオスからカタルシスが生じるのかである。
それには若い血潮にしか期待できないとの結論になるのである。

戦後の日本人は内向きにしか物を見られなくなっているミクロ思考であり、マクロで考察出来ないのは何故か。

GHQのウォーギルト・インフォメーションであり、左翼共産主義思想に他ならないのだと確信している。
ルーズベルト自体が容共主義者であり、GHQの8割が共産主義者達であったという。その結果として、日本の共産主義者と朝鮮人を初めのうちは上手く利用したが、このバカどもが武装蜂起にまでエスカレートしたので、GHQも武力で鎮圧したというのが事実である。
このときの朝鮮人が我々は戦勝国民だとしたことに対し、マッカーサーが朝鮮人は戦勝国民ではなく、「第3国人」との発言をしている。

つまり直接戦争に関係ない3国人といってるのである。

戦前に追放された左翼学者が戦後の大学の総長なり、学長になり、日教組が生まれ、共産党と一緒に武装蜂起した朝鮮人はその後朝鮮人連合会を作り、日共と別れ今日の民団、朝鮮総連に分かれたのである。
そして朝日新聞等の反日左翼が現在まで跋扈して来たのであるが、政権そのものが愚民により左翼政権を誕生させたのである。
?

朝鮮人や共産党が武力蜂起したと同時にエタ・ヒニンと呼ばれた子孫が、同和として部落解放同盟などを結成し、朝鮮人や左翼と結託し、善良なる日本人の税金を食い物にして来たのも事実である。 差別を商売道具にして日本人を逆差別して来たのである。
そして同和対策として国から何十兆円と言う金を引き出させることに成功したのである。
その同和対策が終了し、日本国からどうにか金を掠め取ろうと考えたのが、人権侵害擁護法案なる売国法の画策である。

この悪法を通そうとしているのが民主党なのである。

彼の大東亜戦争をアメリカの誇称の太平洋戦争と呼び、日本国の責任のみをひたすら追求すると謂う醜い思想のもとに、視点を殊更国内に注視させてきた弊害以外の何物でもない。
その結果として愚民もミクロ的思考回路に陥っているのが日本の現状なのだ。

当初の民主党は「生活第一」のスローガンを掲げたが、これは日本共産党の以前のスローガンである。左翼の好きな民主的、平和と安全、生活第一、人権、平等、平和憲法、差別なき社会、市民、はたまた地球市民、これらのことと一切無縁なのが、このバカどもがシンパシーを感じてる旧ソ連であり、北朝鮮であり、シナ中共であることは間違いない事実であり、歴史の証明ではないか。

所詮マルクス・レーニン主義は机上の空論である。

敗戦のときのご詔勅、玉音放送で天皇陛下はなんと仰ったか、「朕深く世界の大勢と帝国の実情に鑑みーー」とあり、世界情勢を考慮しながら国内を見ているのである。

若い方には是非、開戦のご詔勅と敗戦のご詔勅を検索して下さい。(玉音放送を伝える会で検索)

ミクロ的思考の、何故日本は侵略戦争をしたのか、ではなくマクロ的史観で、白人国家のアジア各国の植民地からの解放のための戦争だった、ことは簡単に理解出来ます。

彼の大東亜戦争をマクロ的思考で考察すれば、左翼が謂う日本侵略戦争にはならないからであり、その視点に立つと左翼の不利が歴然と分かるからに他ならない。
それにしてもいつまで自虐史観を続けるのか。そういう私も不覚にも花王のクリア・クリーンという歯磨きを買ってしまい後で気が付いた。

ウ〜ン、、、そこら中、自虐史観製品だらけだ。
嘘八百のシナ、朝鮮マンセイの売国企業製品だらけだ。知人等には売国企業の商品はボイコットを呼びかけてる己が不覚にも情けないと恥じ入る次第。



話が固いのでちと方向転換しよう。

最近2冊目の甲斐犬の本が出たが、初めの本は購入したが、その内容にはちと違和感を覚えたのも事実だ。だから2冊目は買わない。
鳥猟をする古くからの甲斐犬愛好者でそれで終わりという感想しかない。

まあ甲斐犬に関しての本を出されることには、同じ甲斐犬愛好者として賛辞を贈るに吝かではないが、黒虎毛の犬を度外視している点など、独りよがりな面が見られる。
猟をやる方が展覧会に興味がないとは言うけれど、それは入賞する自信がないことの裏がえしにしか聞こえないのである。芦安での甲斐犬発見当初の虎毛は黒虎10、虎毛10、赤虎毛5の割合であり、甲斐犬唯一の保存団体である甲斐犬愛護会が認める虎毛の色は、黒虎毛、中虎毛、赤虎毛、の3種 である。
なのに黒虎毛を度外視するのはちとおかしいのでは。

以前に私への質問者の方から、甲斐犬の赤や白をどう思うかとあったので、それは甲斐犬ではありません、とご返事したが、3種の虎毛以外は甲斐犬ではないと謂うのが決まりである以上、親が血統書がある甲斐犬でもその子は甲斐ではないのである。

私的には雪甲斐犬、ホワイトカイなど当然認められないものであり、アホかで終わりである。アルピノの白は出ても、虎のある甲斐犬同士の掛け合わせで白が出るのは、近い先祖に白一枚の犬が入っているに決まってるのである。
そしてその白一枚、赤一枚毛の犬で繁殖すると何処かで必ず、白一枚、赤一枚の仔犬がでることも又事実である。

まあ考えられるのは、白や赤の日本犬の雑種か白の紀州犬、白のアイヌ犬をどこかで掛けているという事実であり、実 際のところ古い甲斐犬の愛好者が紀州やアイヌを掛けた事実を知っているのだ。


〜〜〜〜〜〜〜〜


小宮山の婆が個人的とは言え、煙草値上げを主張し、個人的見解とお茶を濁したが、民主党の赤い議員らは口が軽すぎる。大臣たるものが閣議に掛ける前や、党内での事前調整もなしに発言を繰り返すと謂うことは、政治的素人の域から出てないと謂う証拠である。

目覚めない民主党支持の6割の愚民達よ(民主党支持というよりどぜう指示だろうが)日本はもう8割方終わっているのだよ。ほくそ笑んでいる左翼や朝鮮人や同和の勝利なのだよ。

なぜか?

簡単なこと。

民主党やドゼウの指示者の愚かさが日本を駄目にして来た結果だよ。
民主党支持とはつまり日本解体支持とイコールなのだよ。ドジョウの総理に対しその支持者はダボハゼか。ドジョウにイタチにエイリアンにダボハゼで日本の国はノックアウ ト寸前、国は悪に滅びず愚かに滅ぶ。
国は悪に滅びず愚かに滅ぶ。。

しかし私は2割の善良なる日本国民に期待している。

当然若い方々に期待している。私らロートルは後方支援部隊だ。
しかし、いざ決起となれば鞭うっても行動を共にし、身命を賭す覚悟はいつで出来ている。
対馬の大名宋助国の心境である。昔の友がよく、男は死ぬもの、女は泣くもの、と言っていたが、その気概なくして国を護ることなど出来ない。
軍歌が好きなことは何度も書いて来たが、沢山の歌の中で特に好きなのが、桜花であり、酔っぱらえば必ず歌う歌だ。


咲いた桜が男なら 慕う胡蝶は妻じゃろう 粋に咲け桜花 広宣流布の八重桜

明日は初陣軍刀を 月に翳せば散る桜 パッと散れ桜花  俺も散りたや華やかに

 

この歌詞が検索しても出てこないので字が違うかもしれない。
又これも友人の受け売りなのだが、与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」を息子に覚えろと謂って来たが、今はどうなのか。

1 妻をめとらば才たけて  みめうるわしく情けあり 友を選ばば書をよみて

  六部の侠気  四分の熱?

2 恋の命をたずぬれば  名を惜しむかな男ゆえ  友の情けをたずぬれば

  義のあるところ  火をも踏む



これらの歌は皆十代、二十代で覚えたもので歌詞や文字も多少違うかもしれないが勘弁願いたい。
まあ今の六十代、七十代の方でも歌わないだろうが、私は死ぬまで歌っていきたいと思う。
昨今の日本の歌より、日本を語っていると思うのだが如何だろうか。

 

二十年以上前それこそバブル絶頂の頃、(昔話に浸っているのではない)毎晩飲み歩いた頃のこと。赤坂のオッチョンジーで(韓国クラブ)一番の高級店であったが、パチンコ屋のオヤジ連中の羽振りのいいこと。

その朝鮮のジ様等の話を思い出すのだ。

「後二十年もたてば俺達が日本を乗っ取れる」との話で、「なにをーバカ野郎が、日本を乗っ取るだー金が有るからとダ法螺吹くんじゃねえ!!」位に考えていたが、悲しいかな現実はもう八割乗っ取られている状態なのである。
因みに朝鮮のジ様達の飲んでるものは、ロゼのドンぺリと、エ〜と、ため息の出るロマコンであり、我々は下を向いていつものヘネシーなのであった。
日本を忘れた日本人、つまり善良なるダボハゼ達が気付く頃には終りに近い状態 なのだが、六割のダボハゼは悲しいかな、今も気づいてないのである。

霞が関の役人の結構な人数が、朝日新聞を読んでいると謂う。

世も末だね。

朝日新聞が一社無くなれば相当まともな国に成る事間違いないだろうに。
そして日本の中枢を支える官僚が朝日を読んでてはまともな国に成るわけがないだろうに。

反日売国の旗頭、朝日がなければ嘘八百の従軍慰安婦も南京大逆刹もないのである。
フィクションがいつのまにかノンフィクションに化けたのだ。

官僚と言っても下っ端は組合員でもあるわけだから、仕方がないのか。

しかしその上の高級官僚が朝日を読んでいるとすると、もうこの国は自分の首を自分で絞めているにひとしい。
昔から朝日新聞とは、アカが書いてヤクザが売り、そしてバカが読む新聞と言われ続けてきた。

まあ民主党も大臣クラスがみな真っ赤なダボハ ゼ並みだから何を謂っても始まらない。
一刻の猶予もない、早く民主党を潰さねばならない。
若い方々が目覚めることでしかこの国は救えない。谷垣や石原や石場中心の自民党など充てにはならないのだから。


野田など所詮ドジョウ。
真っ赤な池で何が出来るというのか。
民主党の保守派と言われるやつらと同じ穴のムジナであり、自分の立ち位置が赤く染まって行くだけである。

 

嗚呼〜日本よ何処へ行く、、、、


 

 

 

 

 

一服タイム,,, 

 

 


 

 



 

 

 

 

過去ログページに戻る


戻る