甲斐犬オヤジの独り言25



徒然なるままに・・・Part3」 

 

 

今回は優勝を逃した横綱白鵬だが、産経新聞7月24日付、小松成美さんの記事で

「神なる狼を見たモンゴルの夏」と題したオピニオンで白鵬を取り上げ、


「生まれて初めて狼を見た白鵬は、驚きながらもモンゴルにある古くからの言い伝えを頭に浮かべた」 「モンゴルで狼は最強で神聖な存在の象徴です。カミなる生き物なんです。古代狼はモンゴルの人々にこう云ったと伝えられています。
「おれと同じ運のある人は、おれの姿を見ることができる。おれよりも運のある人は、おれを倒すことができると」
「狼を見た自分は、狼と同じ運を持っている。もし、あの狼と対したなら、自分はあの狼を倒すことができるのだろうか」「そしてこう考えた。狼を見た自分は、強きものを倒す運を持ったものでありたい」と、あの日から白き狼は白鵬の心の中に棲んでいる。
朝青竜関を送り出した一番のあとに感じたモンゴルで出会った白き狼のまなざし。
「もしも、狼を倒すことができる運を与えられたものならばその責任がある。もっと稽古して強くならなければだめだ、と思ったんです」

そして来日5年目を迎えた白鵬は、その頃もう一つの神をその心に抱くことになる。
それは「昭和の角聖」と呼ばれた第35代横綱双葉山定次だった。


記事引用終わり

 

土俵上での白鵬の眼光はまさに白き狼ではないか。
この記事を読むまで私は、横綱白鵬に特別興味もなかったが、今後は白鵬・白狼の活躍を期待したい。

モンゴル人白鵬の精神性・闘士は、とても今の日本人力士には真似できないところであろう。
しかし、横綱貴乃花のような立派な体格を持った力士が現れないのか、歯がゆい思いをしているのは私だけではないだろう。

「何故二番ではだめなのか」スパコンの事業仕分けでアホ女が発言したが、人でも物でも一番にあるのに二番を目指すことは、時としてその行動に責任を伴う事が出来ない結果を生むものである。
選挙で140万票で当選した蓮舫に都知事の石原は、

「東京に140万のバカがいる」

と揶揄したが、まさに正鵠を射る発言である。
発言の結果責任は政治家として着いて回るの典型である。(その上いくのが菅)

発言や行動には時として責任が伴うのである。
腐ったメディアの「一度民主党にやらせてみたら」 「政権交代」 「生活が第一」等々反日・左翼の甘言に載せられたそのメディアリテラシーの無さが、今の現実を物語っているではないか。
前回の「脱原発は本末転倒」でもそうだが、代替エネルギーが確保さ れないうちから、原発辞めてどうするのだ。これなど簡単で分かり切ったことではないか。太陽光では原発の代替エネルギーにはならないのである。

「脱原発」は左翼のスローガンであり、東西冷戦構造時代は反核であり、「資本主義国の核は悪い核で、ソ連や中共の核は良い核だ」とアホ発言が、冷戦が終わり(極東では今も冷戦続行中)反核運動が反原発運動になっただけのこと。

一見最もらしい話を政治誘導しているが、左翼メディアの常套手段に過ぎない。
「脱原発」よりも、「克服原発」でなければならない。
ただし、原発に代わる代替エネルギーが出来ればその時こそ「脱原発」で行けばいいのである。
しかし左翼や反日メディアに盲従する愚民は、その結果責任が自分達に跳ね返って来る覚悟があるのかだろうか。

世界の常識としての低線量は年100ミリシーベルトであり、それ以下は全く人体に影響ないとしているのに、テレビ出たがり目立 ちたちがりのアホな武田という教授は年1ミリシーベルトと嘯いている。(自然にある放射線でも年1.5ミリシーベルトあるのに)こいつは原発事故以前は原発反対の立場でもなく、事故が起きるや否や反原発に転向し、世間を煽りまくっている。そしてパチンコ大好き人間であり、世の不幸に乗じて金儲けするただの狼少年である。

今世間では牛肉が騒がれているが、毎日2キロも3キロも365日和牛が食える金持ちだらけか?牛肉などせいぜい月に数度程度であり、和牛ともなればそれこそ年何回の話ではないのか。(わらの拡散は政治責任)大騒ぎしている奴らはブルジョアだらけなのか?

実質的に人体に影響がないデータはあっても、何ミリシーベルトでこれだけの人体に影響があるとのデータはないのである。勿論大変な人体に影響あるものがある事も当然考えられるが、民主党では都合の悪いデーターは一切公開しないだろう。(尖閣の中共漁船と言われる船との海保との衝突事件)と同じで、最も危険なものを隠ぺいしている可能性は大である。


牛肉を食べる側は、食べる量を減らすか、回数を減らせば済む問題なのである。
勿論検査は必用だが、大騒ぎして風評被害の拡大に加担することもあるまい。

長崎や広島に原爆が落ちた直後、学者は「この地には後2〜30年住めない」と言った。
だが、現実は一時避難した人はいたが、大半の人はこの地に残ったのである。

長崎医大では、原爆直後から被爆者の治療、検査調査のデーターを保存して居る。
チェルノブイリの原発事故も直後から被爆者の治療、人体へのその後の影響調査、数々の検査を何十年かけて追跡したデーターもある。ミリシーベルトは意味がないとの学者もいる、ネットで検索しても、私の低能では理解不能。

しかし謂えることは1日でも早くこの政権を倒さなければこの国が潰れるこ とだけは間違いない。

そしてこの政権が終わったのちに、この度の原発事故のとんでもない出鱈目ぶりと隠ぺい工作が驚愕のもとに曝け出されることだろう。この政権下である日突然、管チョクトが国民向けテレビ発表で、「本日をもちまして中華人民共和国との間で、一国二制度になりました」「今後はシナ様謂う通りにして行きます」と謂いだすかもよ。

エネルギーのない国は滅びるとも謂われる。

「脱原発」「反原発」は時期早々である。騒がれている放射線には、ホルムシス効果があるとも言われている。

1986年のチェルノブイリ原発事故では、事故直後動植物は死に絶えたが、かろうじて生き残ったものも奇形なども観察されたが、被曝線量が落ち着いたら周辺から動物が入り込み繁殖し始め、地を這うネズミは他の動物よりセシウム量が極端に多く、体内外から被曝しているにも関わらず、遺伝子異常や奇形は全く見られないと謂う。

これがホルムシス効果と言われるものだが、温泉治療も同じ効果なのである。(わざわざ被曝しに金を払っているのである)そして長崎医大の長年に渡る医療・学術調査の結果でも直接被爆者(子供も含む)以外、次世 代に渡って放射線の影響はないと結論付けている。

一方シナ中共はウイグルで(東トルキスタン)過去47回もの核実験を強行してきた。
1回目は東京オリンピック開催時に恫喝の核実験をやったのである。
シルクロード一帯を放射能汚染地域にし、その死の灰は偏西風により黄砂として40年も前から日本に降り注いでいるのだ。このほうが余程問題視する必要があると思うのだが。「脱原発」を煽る胡散臭いアホ学者武田よりも現実に治療追跡調査をしてきた長崎医大の報告書の方が真実味があると思うが、皆様はどう判断されるか。

日本の電力が壊滅して喜ぶのは特亜3国である。

虫唾が走るのがテレビの韓国ドラマである。これはNHKから民放まで朝鮮人に乗っ取られてる状態ではないのか。この状態でも多文化共生で、反対するのは人種差別であり、レイシストなどと謂うアホは救い難い奴隷根性である。

書き出しが白鵬と狼なので、狼の話を続けたい。

私は以前から狼が好きで、特に日本狼、ヤマ犬に興味があり、20年以上前から狼関係の本を探しては読んでいる。

ここで2冊の狼関連の本を紹介させていただく。

「日本の森にオオカミの群れを放して」「日本オオカミは生きている」である。

「日本の森に・・・」は日本オオカミ協会会長で、東京農工大名誉教授の丸山直樹監修の本である。
オオカミ(内蒙古産狼を日本の森に放す)プロジェクトが進行中であり、もう一つの「日本オオカミ・・・」は、野生動物研究家による本で、自分の撮った写真の犬科動物が日本狼だと主張し、内蒙古産狼の導入には反対の立場の本である。

この写真は有名で皆様も記憶にあると思うが、読売新聞2000年11月200日付けで写真が載っている。
私的にはどう見ても痩せた四国犬の牝にしか見えないのだが、(のちに元飼い主を名乗る人物が、私が山に放した四国犬です)との張り紙が出たが、本人確認が取れないので信憑性に欠けるが。日本オオカミだと主張する著者は「オオカミ党」なる愛好団体を立ち上げている。(どちらもホームページがある)
日本オオカミ協会は任意団体から社団法人格に格上げしている。

それにしても甲斐犬愛護会は未だに任意団体であり、法人格の格上げには一切しないつもりらしい。これでいいのか?

日本オオカミ協会は、内蒙古産の小型草原狼を日本の森林に放し、本来野生動物の生態系の頂点であるはずの狼を復活させ、サル、クマ、イノシシ、シカの害をくい止め本来の生態系を回復させ用とするものに対し、オオカミ党は、まだ日本狼は存在して居る可能性があり、外国産の狼を山に放す前に、日本狼、山イヌの実態を調査し、保護、育成するのが先だ、との見解である。

私も日本の山々に狼の遠吠えを聞きたい一人だが、内蒙古産狼でも充分生態系は維持出来ると思う。が、やはり、日本狼や山イヌの実態調査を徹底的にすることが先ではなかろうかと思う。
不明の犬科動物は沢山の目撃証言がある事は事実であり、飼い犬や猟犬の野犬化と違う種の犬科動物がいる以上、本来国の機関が予算を付けて 調査研究をし、5年計画で調査研究をし6年目にその結果を発表すればいいのだが。

まあ昨今の経済事情ではどうにもならないし、今の左翼政権では事業仕分けの対象になるのがオチだろう。(そんなもんで飯が食えるか、でおしまいだべ)そんで(科学的根拠がない)と訳の分からない文句タレそうだべな。

放射線の数値を年1ミリシーベルトだと煽り続けるアホ学者武田の科学的根拠が何処にあるのだ。
この武田やソフトバンクの孫は被害煽って、てめえの金儲けに利用しているに過ぎないのに、こういう守銭奴・金乞食の謂う話に簡単にのる愚民がいかに多いか。

それよりも2012年度のアメリカ海軍の世界地図に日本が載ってないと謂う。

「エ〜〜〜」である。

その事実関係の詳細はまだ分からないが、もし事実ならば、アメリカは完全に見放したか属国位にしか見てないと謂うことであろう。(アメリカ製憲法を後生大事にしている点では属国は当たってるか)こういう重大なことも民主党なら完全スルーか隠ぺいだろう。

30%の原子力エネルギーの代替に太陽光では1〜2%がせいぜいだと謂う。「ハ〜〜」である。

それなら天然ガスをもっと輸入すれば代替エネルギーとして可能だと謂う。
しかし、所詮石油も天然ガスもメジャーが牛耳っているのが世界の常識である。

今だアメリカ製の憲法を後生大事に持ってる国が、メジャーと五分の喧嘩が出来るってか。

日本が欲しがれば価格が高騰するに決まってるではないか。

世界の国はは慈善事業やってる訳ないだろうに。それこそ国益を掛けて、いざとなれば戦争も辞さないのが、世界の常識なのだ。アメリカに守って貰う半人前の国家が世界で通用するのは、お金を出すことしかないのだ。

アメリカにシナ、韓国にむしり取られて平気な国の謂うことを誰が聞くと謂うのだ。

「命こ そ宝」で世界は相手に出来ないのにだ。カナダからも天然ガスを輸入するらしいが、それでも大半は中東、アフリカ、東南アジアからの輸入になるが、そのシーレーンをどう確保するのか。
シナは空母を配備する。空母は当然戦艦など護衛艦に守られ艦隊を組むのが常識だ。

日本に天然ガスや石油を積んでくる大型タンカーが、シナ様の空母艦隊の都合で、いつでもストップされることも視野に入れての話なのか。

銭ゲバ、とっちゃん坊やのホリエモンよろしく「中国がそんなことする訳ない」てか。「沖縄は中国にやればいいのに」てか。それとも左翼の謂うように、「もし、敵が攻めて来ても白旗あげれば、命だけは助かる命あってのものだね」てか。アホくさ。シナがチベットに何をしたか。ウイグルに何をし たか。南モンゴルに何をしたか知らない訳ないだろうに。知らないふりしているだけだろうに。ましてシナは子供にも徹底的に反日教育をしてる国だろうに。「そんなシナ様が白旗あげたら殺さない」てか。

今被災地の近くでパチンコ屋が大繁盛だとか。

被災した日本人を食い物にする朝鮮人。

其れを知ってか知らずか、何のポリシーも持たず、反日の朝鮮人に貢ぐ一部の日本人被災者達。日本人よ狼に学べと叫ぶしかあるまいて。

 

 

 

 

 

一服タイム,,, 

 

 

日本も戦後密入国者、朝鮮人に同じことをされ、今ではマスコミ、企業、政治、司法まで朝鮮人やなり済まし日本人(帰化人)に支配されようとしているのに、強制連行だの従軍慰安婦だの南京虐殺の嘘を信じてるバカな日本人が、多文化共生を良いことのように考えている。

戦後の日本人はどこまでバカなのか。その象徴が民主党である。



 

 


 

 

 

 

過去ログページに戻る


戻る